運のさかいめ

/ カテゴリー: 運のふしぎ2011,1-6月 | コメント(10)

過去記事からお役に立てそうなものを再アップしています。

こんにちは【運の法則】でラクに開運:青樹庵です。

『一里一尺』という言葉を知っていますか?

今の人たちに「一里」とか「一尺」とか云ってもなんのことか分からないでしょうね。

日本では昔は長さを測るのに『里』とか『尺』という単位を使っていましたよ。
一里はげんざいの4km です。一尺とは約30cmです。


何年前かな、韓国できれいな布をみつけて買ってきました。
「あれ、4メートル買ったのに?」少し足りないんです。


韓国ではまだ「尺」ではかっているお店が有るんですね。1メートルのものさしが90センチなわけです。


といってわたしは占い師ですから運命のお話でした(笑)


「一里一尺」にもどりますね。
冬型の気圧配置になると、日本海側では雪が多く太平洋側で冬晴れというパターンになりますが、
この日本海側と太平洋側の境目に当たる長野市付近では、
一里北に行くにつれて一尺雪が深くなるということわざがあります。
天気の境目ではこれほどに雪の量が違うのですね。



これを人間の運命に置き換えてみると、



『運気の境目』の行動は将来の幸不幸の分かれ目ということになります。



人間には『不意にひらめく』勘という不思議な作用が有り、
それが良い方向に働くときは大きな成果をもたらしますが、
「今は無理をするとキケンだよ!」と感じたら赤信号です。



それでも抑えられなくて北に進んでしまうと一尺どころか雪に埋もれて取り返しのつかない状態になります。



赤信号を感じたら一度立ち止まって時間を置いてみましょう。右に行くか左に行くかで運命は大きく変ります。



あれがイイこれがイイ



青樹でした

関連する記事

  • 関連する記事がありません

この投稿へのトラックバックURL

10 コメント “運のさかいめ

  1. goody

    SECRET: 0
    PASS:
    すごくわかりやすい例えでした。
    アタシの住む富山県は今ものすごい雪で電車も止まりました。
    こんなときは待つしかないですよね~

    返信
  2. ささ

    SECRET: 0
    PASS:
    私も今、将来について悩んでいるので、とても心に響きました。
    ただ閃きや勘は、あとから思い出して、『あ~、あのなんとも言い難い気持ちや(電話や不意の足留め)繋がりにくさが‥』と気付くことも多く、正に 後悔先にたたず だったりします(笑)
    注意していてもこうなれば、それが結果、なんでしょうね~。
    幸運の女神に好かれるよう、常に笑顔でいたいですね。

    返信
  3. しずか

    SECRET: 0
    PASS:
    自分に置き換えて、運のさかいめがいったいいつなのか全くわかりません。もう渓谷を落ちてなかなか這い上がれないのかもしれません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA