要介護にならないために

/ カテゴリー: ブログ2013,1月~ | コメント(0)

青樹庵です。
昨日のテレビで、『介護退職する人が増えている』 特集をしていました。
他人事ではなくドキドキしました。

おかげさまで、わたしは家事も仕事も外出旅行もふつうに出来ています。
有難いことだと神さまに感謝です。

大介護時代が目前に迫っているようですが、
50代の働き盛りの人が介護のために退職されていくのは、その人だけでなく企業にとっても国にとっても大きな社会問題です。

世の中には100才になっても自力で生活している人も多くいます。
そのパワーがどこから出てくるのか考察してみました。

全部が全部ではありませんが、大体の人は『頼れる家族と暮らしていない』環境にいるようです。
過保護になるほど要介護者になる率が多いようです。

わたし自身についても
1, 1人の暮らしである。自分で動かなければ食事もできない環境です。頼れないからたくましい。
2, 能天気な性格。ものごとにこだわりません。マジメじゃない(笑)
3, 楽しみを持っている。ブログを書き、鑑定書を書き、授業をしている。

大きく上げれば、この3つが健康長寿の原因かな。
それに、授業をしているので周りにお喋りをする人が居ます。しかも遥か年下の人たち、これが一番かな。

まだまだ先の長い読者さん、介護される身にならないように、ぜひ今から老後の生き方に備えてくださいね。

青樹庵

関連する記事

この投稿へのトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA